ttl_bg03.gif
MCC VA線ストリッパースペシャル第1種/第2種電気工事士技能試験必携
★VVF 2.0mm 1.6mm 2心 3心 問わず使える最強のストリッパです。
ベッセル ワイヤーストリッパーE-1(スライドパック入)
★電線の芯線径にしっかりと合わせた真円形状のため、 わずかな力できれいに剥離できます
HOZANペンチ(電工用) P-43-150
★優れた切断力と耐久性を誇る実用タイプ 第1/2種電気工事士技能試験推奨品 すべりにくい成形ハンドル付   全長:165mm       硬度HRC(刃部):60  重量:205g
電気工事に威力を発揮3.peaks強力ニッパー 150mm(ビニールグリップ・バネ付)NP-150G-S
弱電及び電気工事関係に広く使用されています。
 マーベル電工グリップドライバー -6-150
ソフトグリップでしっかり締付け ・手に優しいクッショングリップ ・ネジに余裕の締付け
電気工事士試験必需品P-955の後継機種ですHOZAN VA線ストリッパー P-956
「ストリップ」「電線カット」「のの字曲げ」がこの1本で!
第1/2種電気工事士技能試験に必携ですHOZAN電気工事士技能試験セット S-59
◆第1/2種電気工事士技能試験を受験するために必要な基本的な工具が入った工具セット
電気工事士技能試験向け練習用材料平成20年度第一種電気工事士試験者向け試験材料セット(器具)
 
電気工事士技能試験向け練習用材料平成20年度第2種電気工事士試験者向け練習材料セット(器具)

技能試験対策

2006年04月30日

特殊場所の工事・特殊施設の工事:粉じんの多い場所

粉じんの多い場所における金属管工事は、管相互接続及び管とボックスその他の付属品との接続は、ねじ接続により5山以上噛み合うようにし、内部に粉じんが入り込まないようにする
posted by tahiro at 22:45 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

特殊場所の工事・特殊施設の工事:特殊場所

電気工事における特殊場所とは、下記のような場所をいう

@粉塵の場所の多い場所

A可燃性のガスが存在する場所

B危険物などが存在する場所

C腐食制のガスなどが存在する場所

例;花火工場・製粉所・ガスプラントなど・・・
posted by tahiro at 17:20 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

引込口工事:引込口開閉器の省略

低圧屋内電路には、引込口に近い箇所であって、容易に開閉できる箇所に開閉器を施設すること

ただし、使用電圧300V以下の屋内電路で会って、他の屋内電路(定格電流が15A以下の過電流遮断機または定格電流が15Aを超え、20A以下の配線用遮断機で保護されているものに限る)に接続する長さ15M以下の電路から電気の供給を受けるものは開閉器を省略することが出来る
posted by tahiro at 14:38 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

引込口工事:引込口工事の種類

低圧屋外側電線路は下記のいずれかによる

@がいし引き工事、展開した場所に限る

A合成樹脂管工事

B金属管工事(木造以外の造営物に施設する場合に限る)

Cバスダクト工事(木造以外の造営物(点検できない隠蔽した場所を除く)に施設する場合に限る)

Dケーブル工事(鉛被ケーブル、アルミ被ケーブル又はMIケーブルを使用するものにあっては木造以外の造営物に施設する場合に限る)
posted by tahiro at 13:10 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

引込口工事:引込口配線

引込線は低圧屋内側電線路を引込配線といい、屋内と異なる工事をする。

引込線の高さは地面より4M以上、なお特例として技術上やむ得ない場合に交通上の支障とならない時は地面より2.5M以上とする

posted by tahiro at 12:55 | 東京 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

2006年04月24日

パイロットランプ回路:異時点滅回路

パイロットランプと負荷が異時に点滅する回路

パイロットランプ回路複線図:異時点滅回路.JPG

図のようにパイロットランプとスイッチを並列に接続すればよい

posted by tahiro at 00:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

2006年04月23日

パイロットランプ回路:同時点滅回路

パイロットランプと負荷が同時に点滅する回路

同時点滅回路.JPG

図の様にパイロットランプと負荷が並列に接続すればよい

posted by tahiro at 01:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

2006年04月22日

パイロットランプ回路:常時点灯回路

パイロットランプ回路には3種類、常時点灯、同時点滅、異時点滅があります

パイロットランプ回路常時点灯.JPG
まず、常時点灯回路です。パイロットランプはスイッチのオン・オフに関係せず常時点灯する回路です。つまり電源に並列に接続すればよいのです。

posted by tahiro at 00:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

2006年04月06日

ネオン放電灯工事

屋内に施設する管灯回路の使用電圧が1000V超でネオン放電管を使用する際は、人が容易に触れないように施設しなければならない。

@放電灯用変圧器はネオン変圧器

A管灯回路の配線は展開した箇所又は点検できる隠蔽箇所にする

B管灯回路は、がいし引きで施設する、尚且つ次による

ア)電線はネオン電線

イ)電線は造営材の側面又は下面につける

ウ)電線の支持間隔は1M以下

エ)電線相互の間隔は6cm以上

オ)電線と造営材の離隔距離は

6000V以下の時=2cm 

6000V以上9000V以下の時=3cm

9000V超の時=4cm

とする

カ)がいしは絶縁性、難燃性、耐水性があるものとする

C管灯回路の配線が造営物を貫通する際は絶縁管に収めること

Dネオン変圧器の外箱にはD種接地工事をすること

posted by tahiro at 18:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

ダクト工事

ダクトとは、絶縁電線やケーブルを多数収めて配線するのに用いられる

バスダクト工事、フロアダクト工事、ライティングダクト工事がある
posted by tahiro at 01:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

2006年04月04日

金属線ぴ工事:施工方法

@金属線ぴ相互及びボックス、その他の付属品とは電気的に完全に接続する

A線ぴ内には接続点を設けてはいけない

B使用電圧=300V以下の際はD種設置工事とする
但し、以下の場合は省略しても良い

ア)線ぴの長さが4M以下のとき

イ)屋内配線の使用電圧=直流300V以下又は使用電圧=交流150V以下の場合の時は線ぴの長さが8M以下のものとし、人が容易に触れないよう施設するもしくは乾燥した箇所に施設する際
posted by tahiro at 20:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

金属線ぴ工事

金属線ぴ工事には一種金属線ぴ工事と二種金属線ぴ工事がある

金属線ぴ工事に使用する電線は、絶縁電線(屋外ビニル絶縁電線=OWを除く)のより線である
posted by tahiro at 20:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

がいし引き工事:施工方法

@電線相互の離隔距離:電線相互の距離6cm以上、電線と造営材との距離は使用電圧=300V以下の時は2.5cm以上 使用電圧=300V超の時は4.5cm以上
(但し、使用電圧=300V超の時でも乾燥した箇所であれば2.5cm以上でよい)

A支持点間(がいしとがいしの距離)は2M以下とする
posted by tahiro at 19:42 | Comment(0) | TrackBack(1) | 電気工事の施工方法

がいし引き工事

がいし引き工事ができる場所は展開した場所、点検できる隠蔽箇所

使用電線は絶縁電線(屋外用ビニル絶縁電線=OW、引き込み用ビニル絶縁電線=DVを除く)
posted by tahiro at 19:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

可とう電線管工事:施工方法

@可とう電線管及びボックス等の付属品とは電気的に完全に接続する

A可とう電線管内に接続点を設けてはいけない

B使用電圧、300V以下の場合はD種接地工事をする
但し可とう電線管の長さが4M以下の時は省略できる

C曲げ加工半径は管の内径の3倍以上
posted by tahiro at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

可とう電線管工事

種類は一種可とう電線管と二種可とう電線管がある
二種可とう電線管には使用場所に制限はないが、一種可とう電線管は乾燥した展開した場所もしくは点検できる場所に限られる

使用電線は絶縁電線のより線で
(屋外用ビニル絶縁電線=OWは含まず)
しかし、絶縁電線が3.2mm以下の場合には単線も使用できる
posted by tahiro at 00:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

2006年04月02日

ケーブル工事:施工方法

金属管と同じく展開した場所、隠蔽場所、コンクリート埋設で施工可

但し、重量物の圧力、または機械的衝撃を受ける恐れのある際は適当に防護装置を設ける必要がある

@ケーブルの支持:サドル、ステープルなどを使用して固定する
支持間は2M以下を原則とするが人が触る恐れがなく垂直に取り付ける際は6M以下とすることができる。

Aケーブルの地中配線:ビニール外装ケーブル、クロロプレン外装ケーブル、ポリエチレン外装ケーブル、ポリエチレン外装ケーブルなどは地中埋設することができる

深さは重量物の圧力を受ける恐れがあるときは1.2M以上、それ以外は0.6M以上としなければならない

又、ケーブルを屋外等の柱又は壁などに立ち上げ、引き下げ止めする際は鉄管、又はビニール管に収めなくてはならない

Bケーブルの曲げ半径:ケーブルの外径の六倍以上とし、やむ得ない際はケーブルの被覆にひび割れが生じないように曲げることができる
posted by tahiro at 23:17 | Comment(1) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

2006年03月29日

合成樹脂管工事:施工方法

@切断・曲げの方法:金のこ、合成樹脂管用カッターで切断
硬質ビニルの曲げ加工はトーチランプを使用して曲げる
曲げ半径は樹脂管外径の6倍以上で樹脂管断面がつぶれないようにする

A管相互の接続及びボックスとの接続は差込によって行う
差込み深さは硬質ビニルの場合は管の外径の1.2倍、接着材を使用した際は0.8倍以上とする。

B管や付属品の固定はサドルなどを使用して、造営物に固定する。
支持点間の間隔は直線部で1.5M、接続箇所からは0.3Mとする

C接地する際は使用電圧300V以下で金属ボックスなどに接続して使用する際はD種接地工事とする
posted by tahiro at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(1) | 電気工事の施工方法

合成樹脂管工事

施設場所:合成樹脂管は金属管と同じく展開した場所、隠蔽場所、コンクリート埋設などがある

但しCD管のみは可燃性の為コンクリート埋設する以外は不燃性の管、又はダクトに収めて使用しなくてはならない。
posted by tahiro at 19:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

金属管工事:金属管の接地

配線の使用電圧が300V以下の場合、金属管及びボックスには
D種接地工事を行う

但し、以下の場合には省略できる

@管の長さが4M以下で乾燥した場所に施設する際

A使用電圧が直流300V以下、交流150V以下で管の長さが8M以下で、なおかtくつ人が容易に触れないように施設する際

なお、接地線と金属管の接続はアースクランプを用いる
posted by tahiro at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

電線の接続の種類

@直線接続(ツイストジョイント)
芯線相互を巻き付ける接続方法接続部分にはロウ付けが必要

Aねじりスリーブによる接続
S形、B型、O型、などのスリーブを用いて接続、張力の加わる所で用いる

Bコネクタによる接続
ボックス内でほとんど張力のかからない場所に適する

C圧着スリーブによる接続
圧着スリーブを用いて、圧着ペンチで圧着接続する

D接続端子付ジョイントボックスによる接続
接続端子付ジョイントボックスを用いてねじ止めで接続する
posted by tahiro at 11:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

接地工事の省略

接地工事の省略することができる場合

@乾燥した場所、低圧用の機器に供給する電路で漏電遮断器(定格感度電流15mA以下、動作時間0.1秒以下の電流動作型)を施設する場合

A使用電圧が直流300Vまたは交流対地電圧が150V以下の機器を乾燥した場所に施設する場合

B鉄台又は外箱の周囲に絶縁台を設ける場合

C電気用品安全法の適用を受ける二重絶縁構造の機器を施設する場合

DD種接地工事を施す金属体と大地との間の電気抵抗値が100Ω以下の場合

EC種接地工事を施す金属体と大地との間の電気抵抗値が10Ω以下の場合

F地中に埋設され、大地間との抵抗値が3Ω以下の金属製水道管を設置極とする場合



















































































































































posted by tahiro at 02:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

D種接地工事

D種接地工事:300V以下の低圧用 接地抵抗値 100Ω以下 (※低圧電路において、その電路に地気が生じた際に0.5秒以内に電路を遮断する装置をつけた場合は500Ω以下)接地線の太さ直径1.6mm以上
posted by tahiro at 01:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

C種接地工事

C種接地工事:300Vを超える低圧用 接地抵抗値 10Ω以下 (※低圧電路においてその電路に地家気が生じた際は0.5秒以内で電路を遮断する装置をつけた場合は500Ω以下)接地線の太さ直径1.6mm以上
posted by tahiro at 00:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

2006年03月28日

B種接地工事

B種接地工事:(150/電路の一線地絡電流)Ω以下 接地線の太さ直径4.0mm以上「15,000V以下の特別高圧架空電線路の電路と低圧電路とを変圧器により結合する場合は直径2.6mm以上」
posted by tahiro at 22:42 | Comment(1) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法

2006年03月27日

A種接地工事

A種接地工事:高圧又は特別高圧用 接地抵抗地 10Ω以下 避雷器の接地に施す。接地線の太さは2.6mm以上
posted by tahiro at 00:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 電気工事の施工方法
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。